スポンサーリンク

映画「スタンド・バイ・ミー」キャストの昔と今【あの人は今】

スポンサーリンク

スタンド・バイ・ミー


1986年/ドラマ/コメディ/アメリカ合衆国/89分

あらすじ

1959年オレゴンの小さな町。文学少年ゴーディをはじめとする12才の仲良し4人組は、行方不明になった少年が列車に轢かれて野ざらしになっているという情報を手にする。死体を発見すれば一躍ヒーローになれる!4人は不安と興奮を胸に未知への旅に出る。たった2日間のこの冒険が、少年たちの心に忘れえぬ思い出を残した………。

引用元:Amazon

スポンサーリンク

キャストの昔と今(1986年/2019年)

コーディ・ラチャンス:ウィル・ウィートン

汚れがなかった少年は、すっかり髭面の薄汚れた中年に。

スタンド・バイ・ミー以降の活動は日本ではあまり知られていませんが、映画やテレビなど、コンスタントに活躍されているみたいです。

クリス・チェンバーズ:リヴァー・フェニックス

皆さんご存知のリヴァー・フェニックスです。まさに超美少年。

残念ながら、1993年に23歳の若さで亡くなっています。

テディ・ドチャンプ:コリー・フェルドマン

日本では少年時代の活躍が認知されているでしょう。

特に映画「グーニーズ」のコリー・フェルドマンが大好きでした。

バーン・テシオ:ジェリー・オコンネル

作中ではおデブでどこか抜けている役柄でしたが、今は高身長(188cm)のイケメン俳優になっています。

エース・メリル:キーファー・サザーランド

この方は皆さんご存知ですよね。そう、海外ドラマ「24」のジャック・バウアーです。

9年間にも渡って長い間愛されてきました。実はスタンド・バイ・ミーにも出演されていたんですね。

若かりし頃のジャック・バウアーを見ることができます。かなり荒れてますが。笑

ビリー・テシオ:ケイシー・シーマツコ

バーンの兄貴。兄弟ともにビビリで、死体探しの発端はこいつです。

デニー・ラチャンス:ジョン・キューザック

ゴーディの兄貴です。作中ではあまり出番はありませんが、弟思いの非常に良い兄貴。

ジョン・キューザックは映画「2012」で主演を務めた方です。

 

私が子供の時に、午後のロードショーで初めてこの作品を見ました。

私はこの作品に影響され、秘密基地を作ってみたり、遠いところまであてもなく歩いたり、冒険心をくすぐられる作品でした。

今でも色褪せることない作品であると思います。

たまに見ると、やっぱり子供心を思い出させてくれます。そういった作品であるからこそ、長い間愛され続くてきたのでしょう。

コメント