スポンサーリンク

映画「ミクロキッズ」キャストの昔と今【あの人は今】

スポンサーリンク

ミクロキッズ


1989年/アドベンチャー/コメディ/アメリカ合衆国/101分

あらすじ

科学者のウェイン・サリンスキー(リック・モラニス)は、長年自宅で「物体縮小装置(ミクロマシン)」の研究に励んできた。
だがその苦労の甲斐もなく、実験は失敗続き。その為に彼が教授として働いている大学でも専門家たちの笑い者にされてしまった。
ウェインが大学にいる中、サリンスキー家のお隣さんのトンプソン一家は家族水入らずの釣りキャンプに行く準備をしていたが、トンプソン家の次男ロンがバッティング練習当てて飛ばした野球ボールがウェインの「物体縮小化装置」のある部屋のガラスを突き破って装置に直撃し、暴走し始め部屋の中にあったソファと椅子を縮小化した後、ガラスを割った事を謝りに向かったラスとロン、事情を知って一緒にウェインの部屋に向かったニックとエミーの4人が暴走した装置の光線を浴びて6mmに縮小してしまった。
その上、何も知らず大学で研究を笑われて怒り心頭になっていた、家に帰っても、不幸があったことから、八つ当たりでウェインが装置を破壊、散乱した部品を片付けるために掃除をしたウェインにゴミと一緒にゴミ袋に入れられてしまった子供たちは、父親に助けを求めるために、家を目指してジャングルと化したサリンスキー家の芝生の中庭の冒険に繰り出す事となった。

引用元:Wikipedia

スポンサーリンク

キャストの昔と今(1989年/2018年)

ウェイン・サリンスキー:リック・モラニス

名脇役のリック・モラニスの登場だ! ただ、今回は主演です。
代表的な脇役としてはゴーストバスターズで有名なこの人。非常に強いインパクトを与えてくれました。

ビッグ・ラス・トンプソン:マット・フリューワー

隣人のおやっさん。結構怒りっぽいんです。

ダイアン・サリンスキー:マーシャ・ストラスマン

ちょっと抜けてますが、実はしっかり者のお母さん。残念ながら、2014年に66歳で乳がんのため死去しました。

ニック・サリンスキー:ロバート・オリヴェリ

サリンスキー家の長男でエミーの弟。トラブルメーカーです。

エミー・サリンスキー:エミー・オニール

作品を見た当時はこの子可愛いなぁって思ってましたけど、大人になっても美人でした。

ラス・トンプソン:トーマス・ブラウン

トンプソン家の長男。私の中では、この人とエミー・オニールが最後に足を絡ませるシーンがものすごく印象にのこっています。

ロン・トンプソン:ジャレッド・ラシュトン

トンプソン家の二男。アウトドア思考が強い。

ドン・フォレスター:マーク・L・テイラー

ビッグの釣り仲間。トンプソン家と一緒に家族水入らずのキャンプを楽しみにしていたが、ラスとロンがいなかった為にキャンプもうやむやになってしまい、怒った顔をしながらトンプソン家を後にした。

トミー:カール・スティーブン

ニックの友人。なぜか芝刈り機を動かしにくるやつ。

 

ミクロキッズが上映されてからもう30年も経つんですね。

キャストの子供たちはミクロどころかビッグ中年です。

ミクロキッズで、ディズニーのアトラクション「ミクロアドベンチャー」を思い出される方もいるとは思いますが、こちらも残念ながら終了してしまいました。(2010年に終了)

私は大好きでした・・・。懐かしいなぁ。

コメント