スポンサーリンク

映画「グーニーズ」知られざる秘話

スポンサーリンク

1985年/ロマンス/アドベンチャー/アメリカ合衆国/114分

今回は映画「グーニーズ」の知られざる秘話をご紹介します。

スポンサーリンク

「グーニーズ」知られざる秘話

1.子どもたちが片目のウィリーの船を発見するシーン。監督は新鮮なリアクションを撮るため、撮影本番まで船を見せなかった。

2.ロトニー・フラッテリー(スロース)を演じたジョン・マツザックは元NFL選手。

3.ラストシーンで航海にでていく船の甲板にはミニチュアのR2-D2が隠されている。

4.片目のウィリーのドクロは本物の頭蓋骨だった。

今でもこの頭蓋骨は監督の自宅に保管されているそう。

5.スロースの特殊メイクには長時間要した。左目の眼球はモーターで動いていた。

6.リチャード・ドナー監督も警官役で出演していた。

写真右のグラサンが監督。たぶん「グーパーズ」って間違えた警官だと思います。

7.主人公マイキー役のショーン・アスティンは撮影後に宝の地図をもらった。

8.撮影終了後、監督やスタッフたちは巨大ウォータースライダーを楽しんだ。

秘話を知った上で鑑賞すると、また違った角度から面白さを堪能できるかもしれませんね。

コメント