スポンサーリンク

映画「グッド・ウィル・ハンティング」キャストの昔と今【あの人は今】

スポンサーリンク

グッド・ウィル・ハンティング


1997年/ドラマ/アメリカ合衆国/126分

あらすじ

ウィル・ハンティングは、生まれつき天才的な頭脳に恵まれながらも、幼児期の虐待のトラウマにより周囲に固く心を閉ざし、荒れた日々を送る青年であった。そんな彼が、ロビン・ウィリアムズ演じる精神分析医マクガイアと出会い、カウンセリングを受け始める。しかしウィルの心の空洞は暗く深く、容易に心を開くことはなかった。一方マクガイアも最愛の妻を亡くし、その悲しみから逃れられずに苦しんでいるのだった。
癒されない心をもつ人間同志が、もがき苦しみながらも理解しあい、再生の道に歩みだしていく姿が熱い感動を呼ぶ。

引用元:Amazon

スポンサーリンク

キャストの昔と今(1997年/2014年)

ウィル・ハンティング:マット・デイモン

ショーン・マグワイア:ロビン・ウィリアムズ

往年の名俳優ロビン・ウィリアムズです。晩年は認知症に苦しみ、2014年に亡くなりました。

チャッキー・サリヴァン:ベン・アフレック

ベン・アフレックです。「アルマゲドン」にも出演してましたね。

ジェラルド・ランボー:ステラン・スカルスガルド

スカイラー:ミニー・ドライヴァー

変わりましたね。劣化しました。エラが大きくなっています。

モーガン・オマリー:ケイシー・アフレック

ビリー・マクブライド:コール・ハウザー

映画「グッド・ウィル・ハンティング」は俳優として当時まだ無名であったマット・デイモンがハーバード大学在学中にシナリオ製作の授業のために執筆した40ページの戯曲が原作です。
それを親友であるベン・アフレックに見せたことから映画化に向けた脚本を共同で執筆したものです。
てか、マット・デイモンってハーバード大なんですね。びっくりしました。

本作は超感動作です。特に最後のシーンはめちゃくちゃ感動します。ぜひご鑑賞あれ。

コメント