スポンサーリンク

映画「リトル・ランボーズ」キャストの昔と今【あの人は今】

スポンサーリンク

リトル・ランボーズ


2007年/ドラマ/コメディ/イギリス/フランス/96分

あらすじ

大人になるしかなかった子供と、子供らしさを禁じられた子供。彼らを救ったのは、愛でも、神様でもなく、〈たった一本の映画〉だった ――。
1982年、イギリス。11歳のウィルは教会の厳しい規律のもと、音楽や映画、TVなど、すべての娯楽を禁止されて育ってきた。そんなある日、ウィルは学校きっての問題児で、いろんな悪さを平気で働くカーターと出会い、彼の自宅で生まれて初めて映画『ランボー』を観る。それはウィルにとって人生最初で最高の衝撃だった・・・。そして、僕らもこんな映画を作りたい!そんな気持ちで結ばれた二人は、お手製の映画作りを通じて友情を深めていく。

引用元:Amazon

スポンサーリンク

キャストの昔と今(2007年/2019年)

ウィル・プラウドフット:ビル・ミルナー

現在24歳のビル・ミルナー。大きくなりました。

リー・カーター:ウィル・ポールター

この印象的な顔は一度見たら忘れらません。
個人的には映画「メイズ・ランナー」の嫌なやつという印象が強いですね。

ディディエ・ルボル:ジュール・シトリュク

フランスからの交換留学生。イギリスではリーダー的存在だったが、地元の学校ではちょっと浮いたやつだった。

メアリー・プラウドフット:ジェシカ・スティーヴンソン

ジョシュア:ニール・ダッジェオン

ジェス・プラウドフット:タルラ・エバンス

あまり出番は多くありませんが(というか少ない)12年で成長したということですね。

映画「リトル・ランボーズ」はジュブナイル映画好きには面白い作品であると思います。
ほのぼの楽しめますし、映画に影響された幼い子供心を思い出させてくれます。
ぜひご鑑賞あれ。

 

コメント